英語の勉強で挫折するのは、そもそもあなたに英語が必要ないからと言う事実

ユニクロや楽天が英語を会社の共通語にする方針を出した話はもはや懐かしいですが、

これに対してはたくさんの賛成、反対意見が出ましたね。

僕が今回話したいことは、日本人にとって英語は必要かどうかです。
そして僕の結論はタイトルの通り、「日本人に英語は必要ではない」です。

 

「必要」とはどういうことか

必要とは「なくてはならない」ということです。

さて、日本において「英語がなくてはならないこと」と言うことはあるでしょうか??

・・・

 

仕事?
生活?
道に迷っている外国人と話すこと?

 

「よく考えたら、日本でも英語が必要な時はあるんじゃないか?」

「必要な時」はあると思います。
でもだからって、「日本人に英語が必要」ということにはなりません。

「必要なこと」というのは、「好きだろうが嫌いだろうが選ばなくてはいけない選択肢」です。

「英語が必要な状況に自分を置くかどうか」
この選択が自由な限り、日本人に英語が必要だと言えないというのが僕の考え方です。

なので、「必要な時」があったとしても「それが日本人に英語が必要である」ということにはならないと僕は言います。

 

英語が必要な仕事があったとしても、それを選ぶかどうかは個人の自由

道に迷っている外国人に話しかけるかどうかも個人の自由

卒業するために英語を話さなければいけない学校があるとしても、
入学するかは生徒か両親の意思次第です。

 

このように、選択の余地があるならばそれは必要だとは言えないでしょう。

 

じゃぁ、日本人にとっての英語って何なの?

僕は日本人にとっての英語は「趣味」「スキル」のどちらかだと思っています。

「外国人と話せるようになりたい」などはその人の嗜好(好み)ですので趣味であり、

「仕事で英語を使わなければいけない」ということは、その人は英語という「スキル」が必要な仕事を選んだということです。

なので、僕は日本人にとっての英語は「趣味」か「スキル」のどちらかだと結論付けました。

どちらも「あったほうがいいけど、なくても大丈夫」なものです。

英語の上達は楽ではありません。
なので、「こんなにめんどくさいなら、やんなくてもいいや」と、挫折していく人が多いのです。

 

さて、どんな理由であれ、英語を話せるようになりたい人は多いですよね。

しかし、先ほども言った通り、ほとんどの人が自分で納得できる英語力を手に入れる前に挫折しているのが現状です。

 

あなたはどうでしょうか・・・?

 

まとめ

 

今回は、日本人が英語に挫折する理由を、
「そもそも英語は日本人には必要のないもの。本当に必要なら、挫折なんて現象は起こらない」
と言う理論で説明しました。

 

じゃぁ、どうすればできるようになるの?

 

と疑問に思う方もいらっしゃると思うので、それに関してはこちらの記事で根本的なところからお伝えします。

「将来のため、自分のために、必要じゃないかもしれないけど英語をできるようになりたい!」と言う方は多いです。
僕もその1人でした。

逆に「必要じゃないから」と言って何もしない人生なんてめちゃくちゃつまらないと思うので、
僕はあなたの英語へのチャレンジを応援しています!

 

僕が英語力0から普通に話せるようになるまでの全過程を記した文章がダウンロード可能なので、気になる方は読んでみてください。
文章のダウンロードはこちらから可能です!(無料)

今回も読んでいただいて、ありがとうございました!

ナオト