ピューディパイをチャンネル登録した方が良い3万個の理由

昨日、夢にPewDiePieが出てきました。

その夢の中で、彼は僕に言います。

「お前YouTubeRedにも登録せず4年間も俺の動画無料で見てるやん?そろそろ貢献してもらわんと、困るでほんま。エドガー(PewDiePieの犬)食わすで。もしくはマヤ(同左)とf***させるで」

ということで、

この記事は、あなたにPewDiePieをチャンネル登録してもらうことのみを目的とした記事になります。

PewDiePieをチャンネル登録した方がいい理由は3万個ぐらいありますが、その中でも選びに選び抜いた3つの理由をシェアしたいと思います。

Check out

 

あなたが見てきたどのYouTuberとも被らない面白さ

100人YouTuberがいれば100の個性があると思います。
しかし、企画の内容や、雰囲気作り、それぞれでなんとなく被っているYouTuberも多いです。

その中で、彼は際立っています。

ピューディパイは、インタビュー動画など真面目な話をする様子からも伺えるように、非常に冷静で賢く、ストイックな人物です。

一方、ボケるときは底抜けにアホです。
このバランスが絶妙なのです。

イントロ、動画のところどころで見せる彼のユーモアにはこれ以上ないバカらしさと中毒性があります。
バカするときの意味の不明さは面白くもあり、もはや神秘的です。
スウェーデン生まれで現在イギリスに住んでいる彼のボケは下品であり上品です。

僕にはこうとしか説明のしようがありません。

セーラー服と、そこはかとない哀愁とダサさの漂うサングラスで自分が最強のゲーマーであると力説している場面。
神秘である。

ピューディパイの面白さを体験したい人は、とりあえず動画を見ましょう。
例えば、これは「バカするときの意味不明さは面白くもあり、もはや神秘的」という印象を与えられる動画の一つです。
お見通しを。

 

 

ピューディパイの哲学とは?

動画の面白さもさることながら、彼のYouTuberとして最も際立っているところは5年間ほぼ毎日動画投稿を続けていること
動画投稿の更新率が正義ではございませんが、その更新率はTopYouTuberの中でも群を抜いています。

YouTubeを完全に仕事としている認識している彼は、動画作りに妥協することはりません。

動画を投稿しようとしたら自宅のWiFiが使えなくなったので、隣の家にこっそり近づいて、WiFiの電波を2週間拝借していたこともあるそうです。

彼はYouTubeを「仕事である」と断言しています。
もちろん、その仕事を楽しんでいないわけではないです。
ただ、「好きなことして生きてるよ♪」というような軽さも感じません。

あの底抜けのバカさの中に、このような真面目さがあるからこそ、僕は彼にハマったのかも知れません。財力と物量にものを言わせたり、自分の体を犠牲にしたチャレンジをするなど、無理に視聴者を集めようともしません。

彼の動画へのこだわりは、この言葉に集約されています。

自分が楽しいと思ったことしかしないし、自分を演じるようなことは絶対にしない。例えば、一時期ホラーゲームで怖がってるふりをしたりしていたこともあるけど、そんなのはもうしたくないね

 

彼は本当の意味で「本物」なのです。

 

 

ファンは親友、だから全て打ち明ける

常に素を見せてくれる彼は、視聴者のことを「兄弟」と親友のように扱います。親友なので、たまに動画越しにバカにしてきたりもしますw

そんな彼だからこそ、僕は毎日見てしまいますね。
仲のいい友達って、毎日会っても飽きないですから。

街中でファンにあっても、サインや写真には基本的に答えます。
スターのように振舞ったりはしません。

彼にとって、街中でファンに会うことは友達に会うことに等しいのでしょう。

また、彼はたまに自分の考えていることをファンに語ったりもします。彼は常に視聴者を楽しませる動画作りを目指しているので、オリジナリティを求めていろんな企画やスタイルを打ち出し、変化して行きます。

PewDiePieに変わって欲しくないと思うファンもいます。彼はそれをわかっていながらも、自分の古いスタイルを脱ぎ捨てて、常に変化して行きます。だからこそ彼は常にYouTuberとしてトップの座にあり続け、愛され続けているのでしょう。

彼は自分のことをファンに理解してもらうことを大切にしますし、
ファンのことを理解するために、コメント欄は絶対に目を通しています。

彼のファンに対する気持ちは、彼がよく口にするこの言葉に最もよく表れています。

今も、ファンが100人だった時も、同じぐらい幸せさ

 

 

まとめ〜チャンネル登録すれば、あなたの1日に素敵な時間が増える

彼の動画はユーモア、エンターテイメント、興味深さ、変態さに溢れています。

そして、大多数のYouTuberのように演じられた存在でなく、フェリックス(PewDiePieの本名)の人格がありありとそのまま出ているのです。作り物でないトーク、作り物ではない笑顔、表情、それらに触れられるのは、日常生活でも貴重なことです。

英語が苦手な方でも、日本語字幕のPewDiePieの動画は少なくないですし、
彼の最新動画を英語で、英語字幕を出しながら頑張って聞くことは英語の勉強になりますし、

何より、彼の動画は英語がわからなくても伝わってくる面白さがあります。

 

最後に、彼の言葉を

テレビのようにプロデューサーや台本がなく、ありのままで動画に出る。これがYouTubeの美しさだ

 

とりあえず、チャンネル登録したい方は、多くの人がPewDiePieにハマるきっかけになっているであろうこちらの動画をご覧いただき、気に入ればぜひチャンネル登録して欲しいです!(この動画もまさに、英語がわからなくても楽しめる動画の一つです)

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました!
ナオト